映画の「ハクソー・リッジ」を観た感想です

映画の「ハクソー・リッジ」を観ました。
朝の情報番組で紹介されるほどの話題作らしく、WOWOWでたまたま放送されていたので、これは観ようと思い、そのまま最後まで観ました。
メルギブソンが監督をつとめている、沖縄戦を描いた映画です。
周りの反対にあっても、武器を持つことを拒否し、衛生兵として多くの軍人を救ったアメリカ兵の話です。
ハクソーという沖縄の崖の上の戦闘なのですが、昔観た「プライベートライアン」よりも銃で撃たれたり、爆破などの描写が激しかったので、観れない人もいそうです。
多くの仲間を救ったという美談ではあるのですが、最終的には反戦映画なのかどうか、正直よくわからない映画でした。
映画に出てくる日本人は体がゴツくて、当時の日本人がこんなに力強く戦えるのかな、と疑問に思いました。
それと、最後のほうで日本兵が降伏をしたようなふりをして洞窟から出てくるのですが、結局また攻撃をする、という卑怯な手を使っていて、日本人として複雑な気持ちになりました。
観なくても良かったかな、と思ってしまいました。即日 アイフル